toggle
2018-10-12

鏡の国のアリス ~はじまり~

こんにちは。

ルイス・キャロル作
鏡の国のアリス 
Through the Looking Glass and what Alice Found There

多くの方が読んでいらっしゃるのではないでしょうか。物語はチェスゲームに参加したアリスがポーンになりお話しは進んでゆきます。
私もこの物語が大好きです。

~~次の瞬間、アリスは鏡をくぐりぬけて、鏡の国の部屋にかろやかに飛び降りていました。(省略)
「こっちの部屋はあっちほど片付いていないんだ。」チェスの駒がいくつもだんろの灰のなかに落ちているのを見つけてアリスは言いました。

でも次の瞬間、アリスは驚いて小さく「まあ!」とさけぶと、四つんばいになって駒を見つめました。チェスの駒が、ふたりずつ組んで歩きまわっているではありませんか。「赤のキングと赤のクィーンだわ」~~

ワクワクする場面ですね。

アリス「私どうしても仲間に入りたいな!参加できるのならポーンになったってかまわない、もちろんクィーンになれたら一番いいけど。」
赤のクィーン「それはたやすいことよ、お望みなら、白のクィーンのポーンにしてあげましょう、(省略)あなたはまず二つ目のますから始めるのですよ、八つ目まで行ったらクィーンになれますー」

写真は物語のスタートの駒の位置です。ではまた、ごきげんよう

関連記事