toggle
2018-10-14

鏡の国のアリス クィーンは?

「もっと速く、もっと速く!」叫びながらクィーンはアリスを引っ張って走ります。(省略)

「ここではね、同じ場所にとどまるためには、思いっきり走らなければならないの。どこか別の場所に行きたいなら、少なくともその二倍速く走らなけきゃ!」
(省略)
「ポーンは最初だけ二つ進めるってご存じね。だから三つ目のますはとっても急いで通るのよ、汽車に乗るのがいいと思うわ、あっという間に4ます目につきますから。」

アリスには見当もつきませんがクィーンはいなくなってしまったのです。
アリスは思い出しました、自分がポーンであり、やがて自分が動く番がやってくることを。
(省略)
「さあさ、切符を見せなさい、そこの子!」車掌はアリスをにらみました。

~~汽車に乗ったアリスは2ます進み、トゥィードルディーとトゥィードルダムに出会います。横には赤いナイトキャップをかぶり寝ている赤のキングがいたのでした。~~

写真はアリスが汽車に乗って2ます進み、クィーンがアリスから消えたところです。

関連記事